高血圧は脳梗塞の危険因子のため食事・薬物療法が重要

脳梗塞は、血圧が高く、動脈硬化が進行し、喫煙習慣のある人ほど発症しやすくなっており、高血圧、動脈硬化、喫煙の三大リスクのほか、脂質異常症、糖尿病 、肥満、運動不足なども危険因子に挙げられます。これらの危険因子は、互いに影響しあうことで症状を悪化させるので、健康診断を定期的に受けて早めの対策を心掛けることが肝要です。

健診の必須項目の一つ

私たちの体には、常時、体重の約8%の量の血液が循環しています。全身に血液を送るポンプの役割を果たしているのが心臓ですが、狭い血管に圧力がかかった血液が流れる時に血管を押し広げようとする圧力のことを「血圧」といいます。

血圧は健康診断や病気の時に測定されますが、測定値には、心臓が収縮して血液を動脈に送り出したときの圧力である「最高血圧」(収縮期血圧)と、心臓が拡張して血液を呼び込んだ時の圧力である「最低血圧」(拡張期血圧)の2つがあり、最高血圧が140mmHg以上で、最低血圧が90mmHg以上の場合に高血圧と診断されます。

健康診断で医師から血圧が高いと指摘された人は、血管に常に高い圧力がかかっており、底に流れる血液が血管壁を傷つけてしまいやすく、血圧コントロールを上手に行わないまま放置していると、血管壁の損傷が進行し、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害をはじめ、心臓病、腎臓病といったさまざまな病気を引き起こすきっかけとなります。

すでに高血圧と診断された人は、医師の指示によって降圧剤の服用で血圧を目標値内にコントロールし、食生活では低脂肪・低塩食を心がけ、適度な運動を行っているはずです。境界域の人も高血圧の予備軍といえますので、食塩の摂取量、アルコール、喫煙などの高血圧の危険因子の有無をチェックし、生活習慣の改善に取り組む必要があります。

健康診断や医師の前で血圧を測定すると、緊張して平常時よりも数値が高くなる人、あるいは逆に低い数値が出てしまう人もいます。そのため、家庭用の自動血圧計を備え、毎日決まった時間に測定を行い、血圧の変動を記録するようにしておくと賢明です。