動脈硬化を招く中性脂肪の摂り過ぎに注意

脂質の一種である中性脂肪(トリグリセライド)は、コレステロールと同様に生命活動のエネルギー源として重要な役割を果たしている栄養素です。

ファストフードの摂り過ぎに注意

この中性脂肪は、エネルギーとして即使用できる遊離脂肪酸と呼ばれる脂質が集まってできており、通常は体内に蓄えられています。そして、運動を行ったり、食事からのエネルギー摂取量が不足したときに、遊離脂肪酸に分解され、エネルギーとして使用されます。

中性脂肪には、食べ物に含まれて直接体内に入るものと、炭水化物やタンパク質、アルコールなどを原料として肝臓で作られるものがあります。体内の中性脂肪は、運動などで消費されますが、運動不足や食べすぎなどの生活習慣を続けると、皮下に運ばれて蓄積され、やがて肥満となります。皮下だけでなく血中の中性脂肪も増えると、様々な障害が現れます。

中性脂肪は、コレステロールと同様に、リポタンパクとなって血液中に入り込み、全身に運ばれていきます。従来、中性脂肪と動脈硬化の因果関係は明確ではありませんでしたが、今日では中性脂肪がコレステロールや動脈硬化にかかわりあがるという事実が明らかになっています。

中性脂肪の数値が150mg/dl以上になると、善玉のHDLコレステロールが減少します。また、血液が固まってできる血栓は、フィブリノーゲンや組織プラスミノゲーン活性化阻止因子という物質が原因ですが、中性脂肪の数値が高いと、これらが増えることになります。

中性脂肪が高いと、血中のコレステロールにも、動脈硬化にも影響を与えますが、中性脂肪とコレステロールは一緒に上昇するとは限りません。脂質異常症の患者さんで、中性脂肪とコレステロールが同上に上昇するケースは1/4くらいです。脂質異常症には、食事や遺伝など様々なものに影響を受けており、症状はナニに影響されているかによって異なるのです。