普段、私たちが「コレステロール値」という単語を使用する場合、採血をして、その血液中のコレステロールの濃度を測定した数値のことを指しています。コレステロールは、主に動脈硬化を促進する悪玉のLDLと、動脈壁にへばりついた余分な脂質を回収する善玉のHDLが含まれています。LDLもHDLも食後すぐには上昇しません

動脈硬化で狭くなった血管

一方、血液中の中性脂肪は食事よって大きく変化します。食事との関係を無視して検査をしても、正しい検査結果を得ることはできません。中性脂肪はほとんど上昇しない、コレステロール値だけが高い人の場合、必ずしも空腹時の採血は必要ありません。しかし、一般的には朝食を抜いた午前中に採血を行います。

食事による影響を極力抑えるため、検査前12時間は絶食状態が望ましいので、検査前夜の21時以降は食事はとらないようにしましょう。また、アルコールも中性脂肪値に影響するので控えるようにします。前の晩に脂っこい食事を食べて翌朝まで影響することがあります。

なお、中性脂肪値を肥満度を表す数値と解釈している人が少なくないように思えます。確かに肥満気味の人は血中中性脂肪値は高い傾向にありますが、肥満度は慎重に対してどの程度太っているかを示すもので、血中中性脂肪値のことではありません。

血液中の脂質を総称して「血清脂質」といい、健診や人間ドックの一般的な血液検査では、「総コレステロール」「中性脂肪(トリグリセライド)」「HDLコレステロール」「LDLコレステロール」を調べます。数値が基準値を超えている場合、動脈硬化のリスクが高まります。

いずれの基準値も持病がない健康な人を対象としており、既に高血圧、糖尿病、狭心症などの病気がある人、あるいは喫煙年数が長い人では目標とする数値は厳しくなります。まれにコレステロールや中性脂肪の値がかなり低い人がいますが、体質的な問題なので特に心配する必要はありません。バセドウ病(甲状腺機能亢進症)や肝硬変でもコレステロール値は低下しますが、まず病気そのものの症状が現れますので、元気な場合は心配する必要はありません。

動脈硬化は脂質異常症だけでなく、高血圧、糖尿病、喫煙などでも起こります。動脈硬化とは文字通り動脈が硬くなることを意味しており、実際に動脈硬化を起こした動脈は触ると硬いのがハッキリとわかります。しかし、硬いこと自体が健康に悪いのではなく、動脈硬化を起こした動脈の内腔が狭くなることが危険なのです。

狭くなった動脈が詰まった場合、それが心臓であれば虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、脳ならば脳梗塞を起こします。いずれも詰まった先の組織に酸素を供給できなくなるため、細胞が壊死してしまう怖い病気です。